2013年12月05日

父さんの代弁

フェイスブックでお友達になった沖縄の女性がいます。
ご主人がアルツハイマー型認知症だそうです。

その方が、今朝、素敵な書き込みをしていたので、
それをご紹介したいと思います。


1日、次男の結婚披露宴でした。招待客230人
(沖縄では一般的とはいえ、今の我家には多過ぎる人数)。
フレンチのフルコースに、ジャズの演奏あり、
ジャグリングありとウキウキワクワクの披露宴!

最後に彼からのサプライズに、私は思わず涙しました。

「母さん! 父さんがアルツハイマーになった時、
父さんの行動が理解できなくなっていった時、
僕はお父さんとはもう会話ができないんだと思いました。
正直、人ではなくなっていくんだと思いました。

ただ母さんはひたすらお父さんに声をかけ続けていました。
父さんはそれに応え、笑顔になったり、姉ちゃんに子供が
できたとき、泣いて喜んだり、僕らの結納の時の父さんも
本当に幸せそうでした。

父さんと会話が難しくても心はずっと通じ合えることが解りました。
父さんと母さんの愛情がとても深く、心の奥底でつながっている
からこそ信じ続けれただろうし、僕もそう思えるようになりました。

僕も彼女も父さんと母さんのように、どんなときも愛情をもって
助け合う夫婦になりたいです。いつも母さんが父さんの代弁者ですが、
今日は僕が父さんの代弁をしたいと思います。

母さんへの曲を用意しています。僕からの曲ではなくて、
父さんから母さんへ贈った曲だと思って聞いて下さい。」

流れたのは、ボンジョビの“Thank you for loving me”でした。
  


Posted by まるこ♪  at 08:21Comments(0)出来事

2013年09月02日

RUN伴2013のTシャツが届きました!



RUN伴 今年は秋に大阪がゴールです。

たつのか、せめて姫路までコースを延ばすことが
私の夢です。

2015年姫路城をゴールにするとかカッコイイと
思いません?


少しでもイベントに協力をしたくて寄付を
しました。

一口3,000円で、イベントTシャツがもらえます!
http://runtomo.jimdo.com/寄付-応援/  


Posted by まるこ♪  at 19:21Comments(0)出来事

2012年07月10日

嬉しい出会い



7月に入り、いろいろな出会いがありました。

以前、このブログを読んでご連絡をくださった、
コスモスさん。

個人的なやり取りはFaceBookがしやすいからと
お誘いし、ネット上での交流が進んでいたのですが、
ついに2日、ご対面~!

初めてお会いするのに、初めてのような感じもなく
(オフ会ってそうですよね)
何時間も、熱い思いを語り合いました(笑)


そして、昨日。

昨日は、たつの市地域包括支援センター主催の
「若年性認知症支援者養成講座」③があり、
それを受講しに行きました。

沖田裕子先生の講義なので、一番前の席で、
真面目に受講(笑)

お隣に座った方と休憩時間など雑談をしてたら、
その方が 「龍野で、認知症のブログを書いている方
いますよね~」と言われ、「え?」っと思ってたら、
「『勝手に』とかいう・・・」 「それって、私~!」って
大笑いになりました。

周囲の方にもあまり宣伝していないブログなんですが、
こうして実際読んでくださる方とお会いできると
嬉しいですね♪


そして、通路をはさんだお隣の男性。

この方も、実はFaceBookの「お友達」で、来週お会いする
約束をしていたのですが、偶然に出会うことができました(笑)


なんだかすごいです。

でも、冷静に考えてみると、たつの市の認知症ケアに
対する意識の高まり、そして専門職が、職種や職場を越えて
つながりつつあるということを感じます。

呼び出され、集められてできた関係ではなく、それぞれが自らの
意思で集まり、つながった関係は強いと思うのです。


「たつの介護福祉ねっと.」を作りたいな~と思いました。

  


Posted by まるこ♪  at 06:51Comments(1)出来事

2012年07月05日

たつのまちづくり塾認定!



7月1日 平成24年度たつのまちづくり塾の
審査会が行われ、私たちが提案した

「みんなの介護福祉フォーラム」

最終3チームに残りました!


そこで予告です!

第1回みんなの介護福祉フォーラム は

12月1日(土) 

はつらつセンター で開催されます!


今、介護をしている人、されている人、

介護の仕事をしている人、

将来、介護の仕事をしようと思っている人、

家族のことを心配している人、

みんなに有益な、介護福祉に関する集いです。


ぜひご参加ください!


※ボランティアスタッフも同時募集しますので、
関心のある方は、コメント欄にご記入ください。





  


Posted by まるこ♪  at 18:10Comments(0)出来事

2012年06月05日

厚労省で紹介された笑福会!



このブログでも、時々出てくる「笑福会(わらふくかい)」

日本全国の介護関係者が、インターネットを通じ、
(時々、直接会って)施設や立場を超えて、「介護」の
情報交換をしたり、教えたり、学んだり、あるときは、
職場の悩みを共有したり・・・ そんな会なんですが、

私は一応、関西支部の支部長という、連絡調整役の
ようなことをしています。

それがなんと、厚生労働省のある会議で笑福会が
紹介されたというビッグニュースが入ってきました。

紹介者は、堀田聡子先生

「人材資源管理」が専攻で、介護職についてや、
オランダの介護現場をフィールドに研究されている
そうです。

資料は、厚労省のHPで見られます。

堀田先生の資料の最後のページに、そっと、
「笑福会」の文字が書かれています(笑)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002c2gw.html  


Posted by まるこ♪  at 08:06Comments(0)出来事

2012年06月04日

5月のこと



もっと更新しているつもりだったのですが、
5月はたった1日しか記事を書いていません
でした。

いろいろなことがありました。

まず、4月まるまる父が入院していました。

肺に水がたまっていることが分かり、それを
抜くため、そして原因をしるための入院でした。

たまった水を調べると癌性の物質が見つかり
ました。

その後、5月にいったん退院。

16日にちょうど実家のそばで「センター方式」の
勉強会が開催されるということで、それに併せて
帰省しました。

父の病状は、良くもないけど悪くもなく、ただ
食欲がなく、少しやつれていました。

その後、18日~20日まで夫の会社の人たちと
宮城県の被災した支店の人たちを訪ねる旅に
行ってきました。

志津川、女川・・・ 津波の被害があったところです。

福島県の友人にも会いました。


そして、父の再入院。

今度は腹膜炎を起こし、お腹に水がたまって
ぽっこり膨らみ、そして食事もできなくなりました。

癌の宣告があり、余命はひと月か、ふた月か・・・

父は間もなく80代半ばで、本人はもう自分の
人生に未練はないようですが、看病をしている
母のことも心配で、週末も行ってきました。

気づいたら6月になっていた・・・

週末の父は、思ったよりも元気でしたが、いつ、
どうなってもおかしくない状態です。
  


Posted by まるこ♪  at 21:38Comments(0)出来事

2012年05月03日

たつのまちづくり塾始動!



平成24年度まちづくり塾の塾生になりました。

まちづくり塾とは、市が主催しているものですが、

市民(数名で)が市職員と協働で取り組みたい企画を出し、

それに関心のある職員さん(数名)でチームを作り、

まず、市からの補助金50万円を獲得するために
プレゼンテーションを行い、

審査に通ったら、年度内にそれを実現させる。

そういうものです。


今は、市職員さんとのチームが出来たばかりで、
実現に向けた計画を練っているところです。


市民側から提出した企画は、

「かいご学会inたつの」というもので、市の介護力を
向上させるために、市民、自治会、専門職、行政らが
いっしょに介護を取り巻く課題を考えていく集いを
実施し、それが具体的な地域のネットワークづくりに
つながるよう促していくというもの。

今はブレインストーミングしている最中で、次回ぐらいに
形がはっきり見えてくると思います。

それぞれの想いを形にする。

楽しい作業です♪

  


Posted by まるこ♪  at 09:43Comments(0)出来事

2012年04月26日

認知症の話@老人会総会



5月8日に地域の老人会の総会があり、
そこで認知症の話をしてくれないかと
オファーがありました。

ありがとうございます!

認知症のお話ができることも嬉しいですが、
こうして地域の高齢者とつながりが持てる
ということが、何よりも楽しみです。

当日は、海のそばにある国民宿舎で
豪華ランチも一緒にいただけます!

老人会と高齢者福祉を考える住民の会との
コラボレーションですね♪  


Posted by まるこ♪  at 09:15Comments(0)出来事

2011年10月11日

初心



私が認知症ケアについて知りたいと思ったきっかけは、
義和さん(偽名)との出会いでした。

まだ介護職になって2年ぐらいたったころだと思います、
職場には、おそらく軽度の認知症のある方はいたと
思うのですが、BPSDが顕著に現れる方はいなかった。

義和さんが、私にとっては初めて認知症の症状を
見せてくれた方でした。


午後になるとそわそわし始め、家に帰ると言い、
色々な理由をつけては、施設にとどまる説得をしました。

あるときは、義和さんは20代ぐらいの青年で、自分は
家出をしていて親が怒っているかもしれないと相談
されることもありました。

私は、義和さんのお母さんに確認し(もちろん嘘です)
「お母さんは怒っていませんでしたよ」と伝え、
義和さんのほっとした表情をみることもありました。


義和さんは穏やかで、またユーモアのある方でした。

誰かの前を通りすぎるときは「ちょっとすいませんよ」と
挨拶をして通り、ゲームをして失敗すると「ペケポン!」
と皆を笑わせていました。

私は、義和さんが大好きで、義和さんの病のことを
もっと知りたい、いい介護がしたいと思うようになりました。

このブログの初めのほうでも、義和さんのことが書いてあります。

 http://nintomo.tenkomori.tv/e146383.html

 http://nintomo.tenkomori.tv/e152020.html



前置きが長くなりました。

義和さんは、その後、私の施設から近所の特養に移られ、
私がお世話することはなくなったのですが、
昨日、その義和さんがいる特養に行く用があり、偶然、
義和さんをお見かけしました。

職員さんの許可を得て、挨拶に行きました。


「義和さん、こんにちは」

「はい、こんにちは」

「私、以前、義和さんにお世話になっていた者です。
お元気そうですね」

「ええ、まあ、ぼちぼち」

「これから寒くなりますけど、身体に気をつけて
くださね」

「ありがと、ありがと。えへへ・・・」

「じゃ、握手をしましょう」


そう言って、握手をして別れました。

義和さんは、少し痩せていたけれど、はっきりした
口調でお話され、握手もとても力強く、嬉しかった。


義和さんの再会し、また初心を忘れずにいたいと
思いました。

今日は、加古川の家族会の日。
  


Posted by まるこ♪  at 08:20Comments(0)出来事

2011年07月10日

お疲れ様でした~



溶けるような暑さの中、認知症ライフパートナー
応用検定の受験に行って参りました。

今回が第3回で、1回目2回目の過去問題に
比べて、問題の文章が短くなり、また
素直な出題だったように感じました。

だからと言って自信があるわけではないのですが、
とにかく終わりました。

結果は1カ月後に出ます。


受験した皆様、お疲れ様でした!  


Posted by まるこ♪  at 23:05Comments(0)出来事

2011年03月12日

災害弱者のためにできること

3.11東北地方太平洋沖地震とともに、
大津波が押し寄せて、東北地方を中心に
日本列島大変な被害です。

twitterを通じて、各地の実情を知ることが
できます。

東北地方の施設では停電で、今から利用者さんの
搬送に行くといっていた職員の方がいました。

関東のデイサービスに勤務している方も、
利用者さんが住むマンションのエレベータが
止まっていて、階段を使って家まで送り届けた
とか、家を一軒一軒まわって無事を確認したとか
そんな話もありました。

そして、涙をこらえて介助したと・・・


被災地域の方々はだれもが被害者であるけれど、
その中の弱者は、高齢者や障がいのある方、子供たち。

携帯電話などで情報を知り得ることが簡単ですが、
携帯を持たない人たちが取り残されてしまいます。

どうか困っていそうな方がいたら優しい声を
かけてあげてください。

とても不安でいると思います。


まだ余震が続いているようですし、二次災害の
ある地域もあります。

無事だった私たちができることも、まだ正確には
分かりません。


今は励まし合って、一人でも多くの命が救われることを
祈ってやみません。


  


Posted by まるこ♪  at 08:35Comments(0)出来事

2011年01月21日

ばばさんの怪我



1月4日に紹介した「Nyankoの手」という
ブログ。 以来毎日読んでいます。

昨日はとてもびっくりしました。

ばばさんが、親指を怪我してしまい、
Nyankoさんは自分の不注意を悔んで
いました。

http://blog.goo.ne.jp/nyankohand


判断力が低下するということは、同様の
事故が起きる可能性もあります。

それは、家庭であっても、施設であっても。

  


Posted by まるこ♪  at 17:29Comments(0)出来事

2010年12月27日

不安と怒り



成美さん(仮名)は、認知症を患っています。

とても明るい性格で、面倒見がいい。
デイサービスのお手伝いも率先して
してくれます。

だけど今日は違いました。

私が出勤したときは、昼食の後で、
頬がとても紅潮しいましたが、それを
鏡で見ながらケラケラと笑っていた。

その後「もち花」作りを一生懸命して
くれました。

自分がもち花を枝に取り付けるときに
他の利用者さんが枝を動かしてしまい、
そのたびにもち花が外れてしまうので、
何度かぶつぶつと文句を言っていました。

そこで怒りのスイッチが入ってしまったのか、
落ち着きがなくなってきたのです。

トイレにも行きました。
水分も摂っていただきました。

けれども今度は「家のことが大変で
すぐに帰らないといけない」と言い出します。

共感しながら、ストーリーの筋書きを
変えようとしますが、帰り支度を始めて
しまいました。

たぶん止めることは無理だと判断し、
成美さんと私は施設から外に出ました。

今日は寒かったけど、風はなく、暖房で
少し息苦しかったので、冷たい空気も
気持ちがよかった。

そこで気持ちが変わるかと思ったのだけど、
私が付いて来たら困るのだ。

どうぞ帰ってくださいと成美さんは頭を下げます。

私もこの先に用事があって行くのだと説明しますが、
成美さんはだんだんと怒りがこみ上げてきます。

一人で帰らせてほしい。さもないと
車に飛び込んで自殺する、と私を脅します。

転倒や車に注意しながら、私は成美さんの
視界から外れ、後ろから歩きました。

数分歩いても成美さんの気持ちは全く変わらない。

けれどもだんだん疲れてきたように見えます。

施設に電話をし、偶然車で通りかかったふりを
して拾ってほしいと頼みました。


成美さん! 乗って行く?

職員が上手に誘導してくれます。


成美さんは私に辟易していたので、喜んで
車に乗り込みました。

途中で家に帰れないことが分かり、また少し
機嫌が悪くなりましたが、なんとか施設に戻り、
そのまま、ベッドに眠りこんでしまいました。

どうやら眠くて、イジイジとしていたようです。

30分ぐらい寝て、成美さんはいつもの明るい
成美さんに戻りました。


今、振り返っても、成美さんが不機嫌になってからの
対応は悪くなかったと思いますが、眠気のサインを
もっと前に気づけたら、あるいは前日の睡眠状況などの
情報があったら、静養を勧めることができたのでは
ないか。成美さんに不安や怒りの感情を持たせずに
済んだのではないか。

成美さんの「サイン」を見落とさないようにする。

新しい課題ができました。


  


Posted by まるこ♪  at 18:35Comments(0)出来事

2010年10月24日

認知症ケア学会に行きました



23、24日と神戸国際展示場で認知症ケア学会の
大会が開かれました。

私は、初日に参加してきました。

今回が初めてです。


8月に認知症ケア専門士の一次試験を受けに
行った時も感じたのですが、今、本当に
たくさんの介護従事者が認知症に関心を
もっているのを感じます。


昨日も、会場は溢れんばかりの人、人、人
でした。

午後から「若年性認知症」のシンポジウムが
開かれるので、それまではポスター発表を
見ていましたが、とにかくすごい数でした。

一つ一つは到底見きれないので、地域の支援活動
に関するポスターを中心に見てきました。

多くは「支援が必要である」と結論づけたもの
でしたが、それは分かっている。

私は、具体的な取り組み方を知りたいと
思っていました。


中には、家族や地域が知りたいと思っている
学習内容を掲示しているのがあり、メモして
きました。

全般的に知りたいことは、

 ・認知症に関する知識
 ・認知症の方への対応方法
 ・認知症の方の苦悩や尊厳
 ・社会資源の有効活用
 ・介護と経済
 ・老年期を迎えるための準備

個人が知りたいことは、
 ・介護者の身体、心理、社会性
 ・介護者の苦悩とジレンマ
 ・人生における介護の価値や意味
 ・家族と地域の関係づくり


支援者が知りたいことは
 ・介護への関心、気遣い、見守り方

地域として知りたいことは
 ・老若男女参加による介護
 ・認知症の方やご家族を支援する町づくり
 ・認知症予防や早期発見


というものでした。


午後からは「若年性認知症のシンポジウム」があり、
ご家族、支援者、ボランティア、施設など
それぞれの立場でどう若年性認知症の方の支援を
しているか、支援はどうあるべきか、それを
テーマに話がありました。

やはり、出かけられる「場」の重要性や
支援者の養成、さらには専門職のレベルアップ
そういうことが訴えられていました。


介護の資格を有する者として気持ちが引き締まり、
認知症ケア専門士になれたら、具体的な取り組みを
始めたい、そう思いました。  


Posted by まるこ♪  at 09:01Comments(0)出来事

2010年06月08日

幸せな介護



今日、商工会議所女性会の6月例会があり、
「幸せな介護のために知っておいてほしいこと」
という題でお話させていただきました。

介護福祉士として、講師を務めるのは初めてです。


「幸せな介護」って何なのでしょうね。


事前のアンケートでも「介護」は「しんどい」
「大変」というイメージを持っている方が
多かったです。

今回、お話をする機会を与えていただいて、私が
主張したのは、介護をする側も介護をうける側も
それぞれの人生に貪欲になって、自分や家族の
「介護」を考えていきましょう、ということ。

今、国民として使える制度や市が提供するサービス。

自分の周辺にどんな施設があって、そこは何をするところで、
どんな職員が働いているのか。

まだ余裕があるうちに「介護」の環境を知り、
問題点を見つけ、必要なものを作り、いつか迎える
「介護」の時期に備えることが、「幸せな介護」を
得ること。

そんな話をさせていただきました。

現場の人間も努力するけれど、利用者側の声が
何よりも現場を変えると思っています。  


Posted by まるこ♪  at 18:31Comments(0)出来事

2010年03月21日

玉突き衝突



今朝、家の近くの橋の上で玉突き衝突が
ありました。

私が通りかかったときは、まだ警察が来る前で、
3台の車が停車し、その後ろは渋滞という状態
でした。

一番先頭にいたお兄さんは、どこかに電話を
しています。

真ん中にいたのは若いお姉さん。

車の中に呆然としていました。車から赤い
液体が流れ出ていた。

最後部にいたのは、7,80代と思われる老夫婦。
この車が追突してしまったのですね。

用事があったので、見届けることはできなかった
けれど、お年寄りが起こした事故は心が
痛みます。

ご本人はまだまだ元気、若い者には負けられない
そう思っている(いた)と思うのですが、
やはり社会のルールで若い人たちと対等に
生きようとしても、瞬発力、判断力、視力、聴力
など衰えているものがいっぱいあるのです。

帰り道、車は広いところに移動し、警察とおじいさん、
その他のドライバーと関係者がまだ話をして
いました。

真ん中の車はレッカー車に牽引されていくところ
でした。

おじいさんは動揺していないかしら、自己嫌悪に
陥っていないかしら・・・と心配しながら、私は
家に向かいました。  


Posted by まるこ♪  at 13:46Comments(0)出来事

2010年02月15日

指きりげんまん



デイサービスの利用者、義和さん(仮名)が
そろそろ帰る時間になったので、トイレに
誘導しようと義和さんの右手に向かって
手を伸ばしました。

普段なら手を差し出すと同時に義和さんが
よく聞こえる大きな声で「義和さん、トイレに
行きましょう」と誘うのですが、今日は
義和さんの左右に他の利用者さんが座られていて、
私はなんとなく皆に義和さんをトイレに連れて
行くのを知られたくなくて名前だけ呼んで
手だけで誘ったのでした。

いつもなら手を握り返してくれる義和さんですが、
今日は私の右手の小指に自分の小指を絡め、
指きりのようなしぐさをされました。

義和さんは無言だったのでそれが「約束」なのか
本当のところは分かりません。

でも私は義和さんと二人だけの約束をしたような
気がしています。

いつまでも義和さんのことを大切にしますね。

指きりげんまん。
  


Posted by まるこ♪  at 20:45Comments(0)出来事