2011年08月28日

エルダー制度


 
「エルダー制度」を聞いて「エルザ」を
思い出した私です。
(しょうもなくて、すみません)

気を取り直して「エルダー制度」ですが、
先日の認知症ケア学会関西地域大会では
人材育成が主なテーマでした。

認知症ケア以前に、いえ、施設が認知症ケアを
しっかり取り組もうとすれば、まず介護職員を
育てなければいけません。そういうことだと
思います。

「きつい、汚い、危険」と今や3Kの代表みたいに
言われる介護の仕事ですが、本当はそんなこと
はありません。もちろんきついことはあります。
下の世話など汚いこともあります。そして
感染症などの危険もありますが、介護職の離職は
それが一番の理由ではない。

そんなことはある程度、納得した上で就職している
はずですが、それよりも幻滅するのは、職場の
人間関係なのではないでしょうか。

なぜ人間関係が悪くなるのか?

職場内の意思統一がしっかりできていない。

 「決まり」が大ざっぱで、人が変わると言うことが
 変わってくる。職員個人の考え方に任されている
 部分が多い。⇒派閥ができたり、新人が迷ったり・・・

職員間のコミュニケーションがない。

 話をしたくても忙しくてゆっくり話す時間がない。


そんな問題をクリアにしようとしたのが「エルダー制度」

今回の学会で紹介されました。


前置きが長くなりましたが、簡単に言えば、職場で
細かな約束事(確か300ぐらいあった)をきちんと決め、
それを介護職2、3年の職員が、自分が担当する
新人職員に半年~1年間ぐらいかけて丁寧に教えていく。

教えるべき項目(約束事)があるので、何ができるように
なった、何がまだできない、ということが明確で、
先輩は新人にアドバイスしたり、新人は先輩に相談したり
でき、不安の多い新人も迷いが減るし、先輩も教えることで
自分の曖昧だった知識や技術を自分のものにしていく。

そして、教育はそのペアだけがするのではなく、上司と
三者面談のようなものを頻繁に行って、教育状況を
知り、励ましたり、指導したりする。

一見、面倒そうですが、私は、こういう教育は
介護以外の分野、たとえば会社などでは当たり前に
行われているんじゃないかな~と思うんです。

新人がいきなり先輩と同じ土壌に立たされ、できないこと、
知らないことがみじめに感じられたり、研鑚は自己責任
みたいな雰囲気では、誰だって辞めたくなります。


この「エルダー制度」を取り入れた施設は、その影響と
して、まず離職率が減り、それによって職員の技術や
知識が熟練されていき、介護の質が上がって、さらに
誰が仕事に入ってもその質が保たれるため、なんと
職員全員が、1年間に5連休をとれるようになった
そうです。

なんて素晴らしい「エルダー制度」♪

管理職の皆さんには、ぜひ知ってほしい制度です。  


Posted by まるこ♪  at 08:26Comments(0) 人材育成

2011年08月20日

明日は認知症ケア学会関西地区大会



明日、大阪で認知症ケア学会の関西地区
大会があります。

認知症ケア専門士になって初めて単位を
もらいます。

「試験に合格して終わり」ではなく、
「合格が始まり」のこの資格。

5年間に既定の単位を取得しなければ
なりません。

抄録を見ると、興味深い発表がいっぱい。

これだけ認知症ケアに真剣に取り組んでいる
人がいるんだな~

刺激を受けて来ようと思います。  


Posted by まるこ♪  at 20:18Comments(0)講座・研修

2011年08月19日

【番外編】ヘアードネイション






以前、ニュース番組で看護学校の学生たちが
ガン治療で髪の抜けてしまった女性たちが使う、
人毛のカツラを作るための、髪を寄付をする
という活動が取り上げられていました。

私はもともと首回りに髪がまとわりつくのが嫌いで
1年中、髪をアップにしているのですが、
そのため、頻繁に美容院に行く必要もなく、
伸ばすだけ伸ばしていますし、切った髪はただの
ゴミ。

それがカツラになって、ガン患者の人たちの
喜びにつながるのは素敵なことだな~と、
髪を寄付できるところを探してみました。

そこで見つけたたのが、大阪にあるNPO法人
「JAPAN HAIR DONATION&CHARITY 」  

http://www.jhdac.org/Japan_hair_donation_%26_charity/Welcome.html

全国から集まって来た髪を中国の工場に送り、
それがカツラになって日本に帰ってくるようです。

寄付できる髪が、既定の30cmに達したので、今日、
「断髪式」を行って、先程、郵送してきました。  


Posted by まるこ♪  at 12:01Comments(0)紹介

2011年08月17日

咲咲館→つどい場さくらちゃん


咲咲館の記念すべき第1号ランチ!
発泡酒で乾杯~♪


昨日は、もともと仕事のない日で、お盆休み
でもあったので、普段の予定もすべてお休み。

まずはネットサーフィンでも、とあちこちの
ブログを訪問していました。

8月7日の記事で紹介した「咲咲館」のブログに
http://nintomo.tenkomori.tv/e248174.html
行ってみると、先週の土曜日は来客がなかったと
書いてあって、管理人さんから一度遊びにきて
くださいとお誘いを受けていたことを思い出しました。

火曜日はオープンの日なので、今から出れば
ランチに間に合うかな?と慌てて仕度をして
西宮目指して出掛けました。

姫路からお電話を入れて、オープンを確認し、
11時すぎぐらいに咲咲館に到着しました。

そこはマンションの1室。明るい空間でした。

さっそく名刺交換をして、私のしている「はこべら」の
活動や笑福館の紹介をさせていただきました。

私ばかりが話をしてしまいましたが、こうして
支援者同士がつながることが大切だと思っています。

そこでも出た話ですが、こうした活動について
行政が広報などのサポートをしてくれると
もっともっと「救われる介護者」がいるはずだと
思うのですが、積極的な支援はありませんね~

それはさておき、男性介護者の方との繋がりが
広がるといいですね。

メッセージを発信し続けましょう!


そして咲咲館の代表の計らいで、あの「つどい場
さくらちゃん」も訪問することができました。



こちらは西宮の駅前。こんなところに家が!
みたいな場所にありました。

部屋いっぱいにダイニングテーブルが2つあり、
その周囲に椅子がぐるっとめぐらされています。

奥の人がトイレに行くのに、皆が立ちあがらないと
いけないぐらい、部屋いっぱい。

訪ねたとき、同時にお客さんがやってきて、
しばらく「まるちゃん(神)」とお話ができなかった
けれど、お客さんが帰ったあと、いろいろお話
させていただきました。

お疲れだろうな~と思いながらも、噂どおり
元気な「まるちゃん」で、私たちの活動についても
ヒントと勇気をいっぱいいただきました。


思い付きで行動した1日でしたが、とっても充実し
幸せな1日でした。  


Posted by まるこ♪  at 07:47Comments(0)家族支援

2011年08月12日

アルツハイマーの新薬について



水曜日、加古川の認知症家族の会のミニ講座で、
神戸大学大学院の古和(こわ)久朋先生が
「認知症治療の進歩」という題目で認知症の新薬
についてお話されました。


***お話をまとめたもの*******


今年、発売されるようになった薬は、

 3月 ガランタミン(レミニール) 
 6月 メマンチン(メマリー)
 7月 リバスチグミン(リバスタッチ、イクセロンパッチ)

いずれもアルツハイマー型認知症に効果があるとされています。


ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンは、コリンエステラーゼ阻害薬
脳内アセチルコリンの量を増やし、その結果、神経伝達を促進する。


ガランタミンは、
アセチルコリンエステラーゼを阻害するだけではなく、
アセチルコリンとともに、陽イオンの通るチャネルを開くこともするので、
脳のシグナルがより伝わりやすくなる。


リバスチグミンは、
アセチルコリンエステラーゼだけではなく、
ブチリルコリンエステラーゼをも阻害する。

また、パッチ(貼り薬)のメリットとして(リバスチグミンはパッチ)、
経口薬よりも吐き気の副作用が減り、レビー小体型認知症やパーキンソンの
ある認知症に効果
がみられる。

これら3種の薬








を服薬すると、意識がはっきりしたり、行動的に
なったり、時には興奮状態になったりする。



しかしメマンチンは、


逆に興奮を静める作用があり、BPSDのある人、
睡眠障害のある人などに効果
が見られる。


メマンチンは、「グルタミン酸仮説」により、神経細胞を保護する作用、
記憶・学習障害抑制作用などの効果
がある。


これら新薬の使い分けは、

アメリカは、ドネペジル、またはドネペジルとメマンチン併用が半数以上

ドイツやフランスは、4種が4等分

イギリス、オーストラリアは、ドネペジル、ガランタミンの使用が多い

日本では、まだ新薬の使用が可能になった状態で、症例が少ないので、
まだ断言することはできないが、ドネペジルとは異なる効果が次第に
明らかになってきており、症状に応じて薬を選択することができるようになってきた。

.  


Posted by まるこ♪  at 11:02Comments(0)

2011年08月12日

笑福会のホームページが新しくなりました!



http://warafuku.org/


★笑福会の特徴

勉強出来る時に勉強する、集まれる人が集まって
必要な情報交換をする。

集まれなければネットで意見交換をする。

介護職のみでなく他の専門職や一般の人の話に耳を傾ける、
酒を飲みながら愚痴をこぼし叱咤激励して励まし合う。

介護現場からの生の声を発信する、そんな仲間を作る場所です。

エプロンを持ってお互いの職場を行き来する関係が
生まれてきています。  


Posted by まるこ♪  at 10:51Comments(0)自主勉強会

2011年08月08日

試験結果!



認知症ライフパートナー 応用検定試験
合格しました~!

70%の正解で合格ですが、ギリギリです。

前回、基礎検定もギリギリですが、
ま、合格は合格ですね。


ライフパートナー試験の合格証はプラスチックで
運転免許証みたいです。

これを携帯して、活躍してほしいというのが、
主催側の気持ちでしょうか?


もっともっと学んで、実践に活かしたいと思います。  


Posted by まるこ♪  at 12:30Comments(2)資格

2011年08月07日

男の介護「咲咲館」オープン!



男の介護は特別じゃない

と、男性介護者の悩みを共有しようと
4日西宮に「咲咲館(さくさくかん)」が
オープンしました。

ホームページ http://sakusakukan.web.fc2.com/
ブログ http://sakusakukan.blog59.fc2.com/

加古川の家族会にも、ぼちぼち男性の介護者の
方も参加されていますが、そういうところに
参加できる方はまだいい。

妻や母親を介護するようになるまで、ご飯も
炊いたことはない、子供のおしめも替えたことの
ない男性が、意思疎通の難しい大人を相手にする
ことは本当にストレスだと思います。

虐待をする人のトップは「息子」です。そして
「配偶者」これはたぶん「夫」でしょう。

憎いとか、面白半分で虐待をするのではなく、
すべが分からず、怒りをぶつけてしまうのだと
思います。

だから、男性介護者の支援する動きがあちこちで
出来始めました。

咲咲館のオープンをきっかけに兵庫県内の「男性介護者支援
ネットワーク」ができたようです。

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0004332510.shtml

近いうちに出かけてみたいと思います。  


Posted by まるこ♪  at 09:54Comments(0)家族支援