2013年06月04日

認知症高齢者462万人



65歳以上の高齢者のうち認知症の人は
推計15%で、2012年時点で462万人に
のぼることが、厚生労働省研究班(代表研究者
・朝田隆筑波大教授)の調査でわかった。

軽度認知障害(MCI)と呼ばれる「予備群」が
約400万人いることも初めてわかった。



6月1日に、このニュースが日本中をかけ
めぐりました。

昨年、厚労省が発表した認知症患者数は
305万人。それを150万人も上回る数字が
発表されたからです。

高齢者の15%が認知症を有していると
すると、たつの市には2,908人ぐらいの
認知症高齢者がいるということになります。


「認知症になったら終わり。認知症に
なりさえしなければいい」ということを
言う方がいますが、なったら「負け組」
ならなかったら「勝ち組」という発想は
もう終わりにしたいものです。

認知症になる可能性を否定せずに、
認知症があっても、暮らし続けられる
ような体制づくり、人と人との支え合い
を充実させていくことのほうが、現実的
であると思います。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
認知症当事者の団体が発足!
中村茂信さん、おめでとう!
要支援は見直されてもいいの?
介護を受けていても収入を!
インドネシア人介護福祉士誕生!
介護マーク
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 認知症当事者の団体が発足! (2014-10-19 19:36)
 中村茂信さん、おめでとう! (2013-12-14 09:26)
 認知症に優しい街 (2013-08-27 12:30)
 松山市の「徘徊SOS」をせひたつの市で! (2013-05-12 18:56)
 要支援は見直されてもいいの? (2013-05-07 22:53)
 介護を受けていても収入を! (2013-02-09 07:29)

Posted by まるこ♪  at 15:58 │Comments(0)ニュース

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。