2015年02月03日

たつの市の取り組み

たつの市の認知症に関する取り組みに
ついて、資料が公開されています。

【資料】
認知症の人が生活しやすくなるための地域づくり

http://www.kaigokensaku.jp/chiiki-houkatsu/files/282294tatunosi.pdf#search='%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%B8%82+%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87'


同じカテゴリー(社会資源)の記事画像
西はりま認知症サポーターの会 たつの支部
5月3日はロバの耳
オレンジスポット募集中!
たつの市内のつどい場
明日は、認知症カフェ♪
ひょうご若年性認知症生活支援相談センター
同じカテゴリー(社会資源)の記事
 西はりま認知症サポーターの会 たつの支部 (2015-05-16 17:11)
 5月3日はロバの耳 (2015-05-03 17:55)
 オレンジスポット募集中! (2015-03-25 07:59)
 台風のため「きりかぶカフェ」中止 (2014-08-08 18:37)
 きりかぶカフェ(認知症カフェ) (2014-07-24 07:20)
 たつの市内のつどい場 (2014-03-27 09:04)

Posted by まるこ♪  at 09:18 │Comments(1)社会資源

この記事へのコメント
アルツハイマー病の認知症治療薬が開発され、創られた
2015.2.1 前田 進
  Newsland.ru 2015.1.31によれば、 ロシア極東ウラジオストックの極東連邦大学では、老人のアルツハイマー病の治療薬を創った。この病気の原因は、脳内でのβアミロイドの蓄積で、それへの薬剤である。患者の人体テストは2016年に予定している。画期的な成果だ。
http://newsland.com/news/detail/id/1492334/ 
  日本も少子高齢化社会になって、老人のアルツハイマー病による認知症:痴呆症でたったさっきのことを忘れたり、他人の名前や何かの名称を思い出せないとか、自動車事故を起こすとかと、患者による不都合や事故が増えている。これは亡国病だ。だからロシア極東での認知症治療薬剤の開発は朗報である。
  Wikipedia: アルツハイマー型認知症(Alzheimer's disease、AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種である。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。
  日本人は太平洋の東側:米国ばっかり見て売国・亡国へ歩むな。
Posted by 前田 進 at 2015年02月03日 21:55
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。